- Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
7月8日午前11時半ごろ、奈良県奈良市の近鉄大和西大寺駅近くで演説を行っていた安倍晋三元首相(67)が男に銃で撃たれ、血を流して倒れた。

台湾・蔡総統 「安倍氏は親友。回復の知らせを待ちたい」

© AFP 2022 / Philippe Lopez蔡英文(ツァイインウェン)主席
蔡英文(ツァイインウェン)主席 - Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
安倍晋三元首相が8日、奈良市で選挙演説中に襲撃を受けた事件を受け、台湾の蔡英文総統は「ショックで、台湾を代表して暴力行為を非難する」とするコメントを発表した。蔡総統のSNSを引用して日本メディアが伝えている。
ANNなどによると、蔡総統は自身のフェイスブックで次のようにコメントした。

「私の良き友人というだけでなく、台湾にとっても大切な友人です。長年台湾を支持し日本と台湾の関係の発展に尽力しました。良い知らせ(回復の知らせ)を待ちたい」

安倍晋三元首相は8日午前11時30分ごろ、奈良市の近鉄大和西大寺駅前での街頭演説中に銃で撃たれた。警察の発表によれば、安倍元首相は撃たれた直後は意識があったものの、病院へ搬送されている間に心肺停止状態になったという。右首に撃たれた傷、左胸には皮下出血があるといい、現在は奈良県立医科大学附属病院で集中治療を受けている。
警察は元海上自衛官の山上徹也容疑者(41)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。調べに対し、「安倍元首相に対して不満があり、殺そうと思って狙った」と話す一方、「安倍元首相の政治信条に対する恨みではない」などと供述しているという。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала