日本の防衛白書、ウクライナ情勢について項目を設ける

防衛省 - Sputnik 日本, 1920, 22.07.2022
2022年の防衛白書では、ロシアによる特殊軍事作戦を受けて新たに章が設けられた。白書では国際社会として決して許すべきでないと強調している。また台湾情勢について、国際社会の安定に重要であり、一層の緊張感を持って動向を注視するとしている。NHKが報じた
22日の閣議で報告された防衛白書にはロシアによる特殊軍事作戦の項目が新たに設けられた。これを容認すれば、ほかの地域でも一方的な現状変更が認められるという誤解を与えかねず、国際社会として決して許すべきでないと強調し、重大な懸念を持って注視するとしている。
射撃のインストラクター - Sputnik 日本, 1920, 22.07.2022
チェチェンのロシア特殊部隊大学に一日入学してみた 屋上からビルに侵入、スナイパー講習など日本人も参加可能
今回の作戦について、ウクライナの主権と領土の一体性を侵害し、武力の行使を禁ずる国際法と国連憲章の違反であり、力による一方的な現状変更は、欧州のみならずアジアを含む国際秩序の根幹を揺るがすものだと指摘している。
また、今回の作戦を通じ、ロシアが大きな損害を被っており、今後の中長期的な国力の低下や、周辺地域との軍事バランスの変化が生じる可能性があると指摘している。そのうえで、米国への対抗などの安全保障面で、中国との関係をさらに深める可能性があると分析している。
関連ニュース
米国、同盟国と共同で高機動ロケット砲を計20基以上ウクライナに供与へ=米軍制服組トップ
ウクライナ、20日にザポリージャ原発を4回攻撃
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала