韓国外相、中国外相を前に台湾問題に言及 「一方的な現状変更は容認せず」

© AFP 2022 / Tang Chhin Sothy韓国の朴振(パク・チン)韓国外交部長官がカンボジアのプノンペンで開催されるASEAN首脳会議で演説を行う
韓国の朴振(パク・チン)韓国外交部長官がカンボジアのプノンペンで開催されるASEAN首脳会議で演説を行う - Sputnik 日本, 1920, 05.08.2022
5日、カンボジアのプノンペンで開催されている東アジア首脳会議外相会議で、韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官が、「力による一方的な現状変更はどのような状況でも容認できない」と表明した。会議には、中国の王毅外相も出席していた。聯合ニュースが報じた。
一方的な現状変更という強い言葉を韓国が使うことは異例といえる。朴氏が台湾海峡を巡る米中のあつれきについて具体的な言及をするのは今回が初めて。同氏は、ロシアのウクライナ侵攻や台湾海峡問題、南シナ海問題、ミャンマー情勢を、もっとも切迫した状況の例と挙げたとされる。
同長官は、韓国は1つの中国の原則を支持しつつ、緊張が高まっている状況を憂慮していると述べ、台湾海峡のあつれきが激しくなれば、政治的・経済的な不安定を招くことになると指摘したとされる。
セルゲイ・ラブロフ外相と王毅外相 - Sputnik 日本, 1920, 05.08.2022
「正義のため共に闘う」 ペロシ議長の台湾訪問を受け、中国はロシアとの協力を強化 中国外交部
また、韓国外交部は、朴振外交部長官が8日から就任後初めて中国を訪問し、王毅外相と会談すると発表した。会談では朝鮮半島情勢などが話し合われるほか、中国が強く反発している韓国への米国のミサイル迎撃システムTHAADに関しても意見交換がされる見通し。
これに先立ち、オーストラリアのアンソニー・アルバネーゼ首相は、オーストラリアは中国と台湾の関係に関しては、これまで通り現状維持を支持すると強調した。アンソニー・ブリンケン米国務長官も、米国は台湾をめぐる状況で現状が変更されることを望んでいないと述べた。
関連ニュース
中国、台湾訪問を理由にペロシ氏とその近親者に制裁を実施=中国外交部
東アジア首脳会議 林外相の発言時に中国とロシアの外相が退席
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала