07:06 2017年03月24日
東京+ 7°C
モスクワ+ 2°C
    石油

    ベネズエラ 新たな石油製品作りを提案

    © Fotolia/ Edelweiss
    経済
    短縮 URL
    0 33130

    ベネズエラ当局は、OPEC(石油輸出機構)に対し、アルジェリアとナイジェリア、アンゴラ、オマーンの軽質原油とベネズエラの重質原油を混ぜた新たな石油製品を世界市場に出すよう提案した。

    ベネズエラ国営石油公社(PDVSA)のデル・ピノ取締役は、同社の戦略プレゼンテーションを行った中で「そうした製品ができれば、原油価格下落を抑える事ができるだろう」と述べた。

    総裁は、次のように発言した-

    「4月15日ベネズエラの首都カラカスで、OPEC諸国大使会合があった。我々はそこで、彼らに、我々の原油を混合するという提案をした。アフリカの軽質原油をベネズエラに運び、我が国の重質原油と混ぜて一緒に市場に出すというものだ。これはOPECの石油生産国の理想的な協力形態であり、実現すれば原油価格下落を止められる。」

     

     

    タグ
    石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント