12:34 2017年11月23日
東京+ 7°C
モスクワ-2°C
    経済回廊がインドと中国を結ぶ

    経済回廊がインドと中国を結ぶ

    © Flickr/ Council of Canadians
    経済
    短縮 URL
    0 775150

    インドは、バングラデシュと中国、インドそしてミャンマーをつなぐ中国の巨大国際経済回廊(BCIM)創設プロジェクトへの支援を明らかにした。

    ロシア科学アカデミー東洋学研究所インド調査センターのタチヤナ・シャウミャン氏は、この決定について、次のようにコメントした―

    「ここ数年、インドと中国の関係において、経済協力の必要性を認識する声が、明らかに高まっている。つまり、経済的利益を得、地域的なものも含めた発展を目的に、意見の食い違いや矛盾、係争問題はひとまず脇に置く用意があるという事だ。」

    輸送回廊BCIMは、プロジェクト参加国に、少なくない利益を約束している。必要なのは、隣り合う国々の輸送動脈を一つのネットワークに結び付け、鉄道や自動車道路の若干の区間を近代化する事である。幹線輸送の大動脈が発展すれば、インド北東部の諸州とミャンマーの港を直接つなぐ道が開ける。インドは、東南アジア市場への直接の出口を手にすることになるわけだ。一方中国は自分達に、狭いマラッカ海峡を通らずに、インド洋へと出られる陸上ルートを確保できる。現在、このマラッカ海峡を軍事的に支配しているのは、明らかに米国である。この事は、状況が先鋭化した場合、米政府が、中国にとって死活的に重要なこの海上輸送ルートを封鎖するのを可能にする。

    インドと中国が経済回廊創設の用意がある事は、ユーラシアとアフリカ大陸の大部分の国々を一つの貿易経済ネットワークで結ぶ新しい『シルクロード』の創設という、よりグローバルなプロジェクトの実現を助けるだろう。分析専門家らの大部分は『新シルクロード』は、世界経済の急速な発展を促し、世界の経済マップを塗り替える可能性があると見ている。インターネット新聞Oilprice.comは、この事について「多くの人々は『新シルクロード』創設プロジェクトを、ユーラシアでの優位性を求める東西間の戦いにおける、まさに第一弾と受け止めている」と指摘した。

    米国はすでに、ユーラシアを経済的に一つにする数々のプランを立ち上げる事で、妨害を試みた。中国とロシアの参加なしで、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を創ろうという考えもそうだ。そして自分の同盟国が、アジア・インフラ投資銀行(Asia Infrastructure Investment Bank)創設に参加しないよう絶望的な試みを続けた。分析専門家の大部分は、米国は、あらゆる形で「新シルクロード」プロジェクトの実現に抵抗するだろうと見ている。なぜなら、このプロジェクトは、世界における米国の地位にとって強烈な打撃となるからだ。

    タグ
    インド, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント