23:52 2017年08月22日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    Moody's

    なぜ世界経済が危機前の成長率を回復できないのか

    © REUTERS/ Mike Segar/Files
    経済
    短縮 URL
    0 67307

    国際格付け機関のMoody'sによれば、今後5年間は、世界経済が危機前の水準に回復することは望めない。中国経済の弱体化と貿易黒字の縮小が抑制要因になっている。

    Moody'sによれば、G20に数えられる主要各国は今後5年、2008年の水準に回復することはない。経済先進19カ国とEUの総生産は2015年から19年まで平均で年率3%増大する。これら諸国の1997年から2007年の間の経済成長率を0.5%下回る数字だ。

    Moody's報告書によれば、世界経済成長の抑制要因は、労働生産性成長の鈍化が長期化していること、中国経済の低落、好ましくない人口動態傾向、貿易黒字の縮小等である。Moody'sは米国の経済成長率予測を引き下げた。今年後半の成長速度は当初予測よりも緩やかであるという。

    米国経済の回復と、それより規模は少ないものの、ユーロ圏と日本の回復は、中国の成長鈍化、ラテンアメリカ諸国の成長鈍化ないし後退によって、またロシアの急成長、というよりはむしろ早期の安定によって補填される。ギリシャがユーロ圏から脱退するリスクも世界経済に悪影響を出している、とMoody's。

    関連:

    Moody's、ロシア経済の先行き予測を上方修正
    Moody’s、2016年ロシアGDP減少に関する予測を否定
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント