17:53 2017年11月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 1°C
    「ブラックベリー」社の元CEO:TPPへの署名はカナダ史における最悪の政治的決定

    「ブラックベリー」社の元CEO:TPPへの署名はカナダ史における最悪の政治的決定

    © REUTERS/ Chris Helgren
    経済
    短縮 URL
    31121330

    カナダのスマートフォンメーカー「ブラックベリー(旧リサーチ・イン・ モーション)」の元共同最高経営責任者(CEO)で、有名なビジネスマンのジム・バルシリー氏は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について、TPPへの署名はカナダ政府の大きなミスだと指摘し、カナダの経済成長に深刻な悪影響を及ぼす恐れがあるとの考えを表した。

    バルシリー氏は、「カナディアン・プレス」のインタビューで、次のように語った‐

    「私は実際に、これ(TPPへの署名)は、カナダのスティーブン・ハーパー政権の最悪の行動だったと考えている。私は、10年後に私たちがこの署名をカナダの外交政策史における最悪の決断だったと呼ぶようになると思っている」。

    バルシリー氏は、TPPが常にカナダを米国の経済利益と結びつけ、カナダ企業の展望に悪影響を及ぼす恐れがあるとの見方を示している。バルシリー氏は特に、カナダ企業が自分たちの研究を行わず、米国のイノベーション製品の使用に対して支払いを義務付けられることを懸念している。

    そして何よりも重要なのは、TPPから撤退することはすでにできないということだ。

    バルシリー氏は、「私は、我々の企業関係者たちは、全てのカナダ人と、我々のイノベーションの未来を導いたと思っている。米国は私たちをただ騙しただけだ」と指摘した。

    タグ
    TPP, カナダ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント