00:53 2018年09月23日
IMFレガルド専務理事

IMF専務理事 中国からの資本流出は世界経済にとって脅威

© AP Photo / Rodrigo Abd
経済
短縮 URL
9105

26日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の開幕にあたり演説し「中国からの資本流出は、世界経済全体の成長にネガティヴな影響を与えるだろう」と述べた。

ラガルド専務理事は又「IMFは、2016年の中国の経済成長率を6,3%.レベルと予測している」と指摘した。

なお先に、中国人民銀行のジョウ・シャオチュアン(周小川)総裁は「現在、人民元切り下げのためのいかなる前提条件もない」と述べ、次のように指摘した―

「中国には、相変わらず、健全で安定した金融政策実現のための、十分な空間とインストゥルメントがある。」

中国の経済成長の鈍化は、世界の金融市場にパニックを引き起こし、原油やガス価格の急激な下落を誘発した。

タグ
IMF, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント