03:00 2017年08月22日
東京+ 26°C
モスクワ+ 28°C
    原油市場の供給過剰は統計ミス?

    原油市場の供給過剰は統計ミス?

    © REUTERS/ Jianan Yu
    経済
    短縮 URL
    3558496

    原油価格は以前予想されたよりも早く上昇する可能性がある。なぜなら毎日市場に「供給」されている「過剰」原油の多くの部分が、統計ミスの可能性があるからだ。ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じた。

    国際エネルギー機関(IEA)の統計によると、市場には毎日およそ190万バレルの「過剰」石油が出回っている。しかし実際のところ、この「過剰」原油のおよそ半分が、統計ミスの可能性があるという。

    買い手が見つからない約77万バレルの原油が毎日貯蔵施設へ送られ、さらに30万バレルが石油パイプラインで毎日輸送されたり、港でタンカーに積み込まれている。

    しかし、あと約80万バレルの原油が残っている。ウォール・ストリート・ジャーナルは、この約80万バレルの原油はいったいどこへいってしまったのか?との疑問を投げかけている。

    ウォール・ストリート・ジャーナルのアナリストらによると、この約80万バレルの原油は、単に存在していない可能性があるという。その場合、原油市場は思ったよりもしっかりしている可能性がある。

    関連:

    専門家 ロシアの石油埋蔵量は28年分
    原油価格は間もなく再び下落の可能性 専門家警鐘を鳴らす
    米新聞「サウジアラビア、原油価格下落で自らの生活を困難に」
    タグ
    石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント