07:22 2017年06月26日
東京+ 22°C
モスクワ+ 18°C
    イラク、一日あたりの原油生産量を455万バレルという記録的な水準に増加

    イラク、一日あたりの原油生産量を455万バレルという記録的な水準に増加

    © REUTERS/ Essam Al-Sudani
    経済
    短縮 URL
    0 4391171

    イラクは3月、原油生産量を455万バレルという記録的な水準に増加させた。イラク国営石油マーケティング(SOMO)社の情報をもとにブルームバーグが報じた。

    2月、イラクの原油生産量は一日あたり446万バレルだった。3月の原油輸出は一日あたり381万バレルに増加。2月に比べて17.9%の増加だ。

    国際エネルギー機関(IEA)によると、1月のイラクの原油生産量は一日あたり443万バレルだった。

    2月16日、ドーハでの会議で、ロシア、サウジアラビア、カタール、ベネズエラは、世界の原油価格を維持するために、2016年の平均生産を1月のレベルで維持することに合意したが、他の産油者がこのイニシアチブに参加する場合にのみ、という条件がついた。支持を表明した国にはエクアドル、アルジェリア、ナイジェリア、オマーン、クウェート、アラブ首長国連邦がある。石油輸出国機構(OPEC)加盟国および非加盟国の会議がドーハで4月17日に行われ、生産凍結への取り決めが議論される。

    関連:

    原油価格上昇続ける ブレント原油は42ドル超え
    原油価格が上向き、米備蓄低下を受けて
    原油価格に続いて米国の株価下がる
    投資家ら、原油価格の上昇を信じられなくなる
    タグ
    石油, イラク
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント