05:23 2018年07月17日
ブルームバーグ:今後数週間で原油は30ドルに逆戻り

ブルームバーグ:今後数週間で原油は30ドルに逆戻り

© Fotolia / Ded Pixto
経済
短縮 URL
1189

専門家によれば、原油市場はちょうど昨年のように、しばらく値上がりしたあと、5月に再び低価していく。ブルームバーグが伝えた。

コメルツバンク、BNPパリバ、UBSグループの専門家によれば、1月から70%原油価格が値上がりしている現状は、昨年市場に起こっていたことを連想させる。当時ブレントは春にかけてバレルあたり68ドルまで上昇し、5月にその傾向は打ち止めになり、再び下落した。 BNPとUBSの専門家によると、来週中に価格が1バレル30ドルに戻る可能性もある。

原油価格の上昇は、石油産業の労働者のストライキがあったナイジェリア、イラクとクウェートの不安定な状況によるものだという。同時に、専門家は、価格上昇で米国のシェールオイル生産が大幅に拡大するため、値上がりは自殺行為であると述べている。

関連:

ロシア企業、危機的な原油価格を算定
ロシア、自国の原油ブランドを用いて原油販売時のドル決済からの撤退を希望
タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント