09:10 2018年07月17日
石油

国際原油採掘量、下がる一方

© Sputnik / Maksim Bogodvid
経済
短縮 URL
144

世界第3位の石油ガスサービス企業「ベイカー・ヒューズ」の調査によれば4月末にかけて、原油採掘量は世界各地で縮小。現在の採掘レベルを維持することさえ、企業は利益も可能性も失いつつあることから、市場は再び石油不足に陥る懸念が出てきた。

4月に稼動した掘削機は946台で3月比で39台の減少。

2014年7月のピーク時に比較すると346台も減っている。

世界で設置されている掘削機の数が減少し始めたのは2014年11月。米カナダをはじめ全世界で3670台だったのが今やわずが1424台。

関連:

ブレント原油 1バレル=44ドル突破
サウジアラビア 石油生産の「著しい増加」を約束する
タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント