10:18 2020年05月27日
経済
短縮 URL
0 174
でフォローする

石油市場における供給過剰についての長引く懸念を背景に、世界の原油価格が下落した。取引データが証明している。

日本時間18時38分時点で、北海ブレント原油10月先物取引の価格は0.42%下がり1バレル=44.95ドル、WTI原油の10月先物価格も0.74%下がり1バレル=42.81ドルとなった。

午前の取引で原油価格は月曜日の急落の後、上方修正した。月曜日の時点では、北海ブレント原油は5月11日以降初めて1バレル=45ドルを下回り、WTI原油は4月26日以降初めて1バレル=43ドルを下回った。

これは米国の記録的な原油貯蔵量の情報と、米国での採掘装置の増加の情報を受けてのものだ。

先に伝えられたところによると、ロシア、石油産出の輸入技術から完全に脱却する

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント