02:02 2020年05月30日
経済
短縮 URL
0 76
でフォローする

原油価格の下落はバレル当たり38~40ドルで下げ止まり、年末までに50ドルを超える。米国の銀行バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチ(BofAML)資源主任分析員フランシスコ・ブランシュ氏がブルームバーグテレビのインタビューで語った。

日本時間19時39分現在、ブレント原油北海混合10月先物は1.57パーセント上昇、 バレル当たり42.80ドルに。WTI原油の9月先物価格は1.32パーセント値上がり、40.59ドルになった。

アナリストによると、現在の価格の動きは季節的なものであり、全体として市場では供給が減少し、需要な「いつも通り」だという。

前に伝えられたところによると、北海ブレント原油はロンドンICEで3か月少し以来の安値となった

関連:

ロシア原油の平均価格、3分の2に暴落
アゼルバイジャンの地震によって石油パイプラインが停まり、イランで犠牲者が出た
オイルショックは2016年末に来る
タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント