12:00 2018年07月16日
原油価格 APIの在庫増加情報から反落

原油価格 APIの在庫増加情報から反落

© AP Photo / Hasan Jamali, File
経済
短縮 URL
0 20

水曜日、原油の世界価格は、米国石油協会(API)が発表した原油在庫量の増加に関する情報を受けて、否定的な動きを示している。その事は、取引データが裏付けている。

日本時間13時09分の段階で、北海ブレント原油の⒑月先物取引の価格は、0,02%下がり1バレル=44,97ドルとなった。また米国標準油種(WTI)の9月先物取引価格は、0,14%下落し1バレル=42,71ドルとなっている。

米石油協会によれば、5日までの一週間の間に、原油の在庫は、210万バレル増加した。またトレーダーの中には、水曜日に発表される米エネルギー省のデータ公表を見守る向きもある。

先に伝えられたところによると、OPEC加盟・非加盟国による、原油市場の状況を話し合う会合が数週間以内には開催される可能性がある

関連:

OPEC、今年の原油需要増大を予測
アナリスト、原油価格予測引き下げ
サウジアラビア、アジア向けに原油価格下げる
タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント