03:22 2017年08月19日
東京+ 26°C
モスクワ+ 27°C
    ムーディーズ

    ムーディーズ、2014年来、初めて石油予測を好転

    © REUTERS/ Mike Segar/Files
    経済
    短縮 URL
    0 108652

    国際格付け会社ムーディーズは2014年以来初めて石油セクターおよび探査採掘予測をネガティブから「安定」まで引上げた。同社のリリースが明らかにした。

    予測の改善は石油、天然ガスの価格の回復が見込まれ、業界の支出削減の努力が高い効果を発揮していることに起因している。

    リリースではムーディーズのアモラ・ジョッシー副社長の「探査、採掘セクターのストレスで2015年から2016年、債務の見直し、破産が続いた。新参企業の多くは極めて厳しい条件にさらされたが、効率アップ、費用のかさむ生産のストップで無駄がカットされた」とする見解が表されている。

    ムーディーズ予測ではエネルギー資源価格が安定するまでの間、こうしたセクターの企業はリストラ努力を続ける。

    関連:

    米エネルギー省のデータ背景に原油価格低下続く
    中国、天然ガス輸入を5倍に増やす
    タグ
    経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント