23:22 2019年11月15日
発電所

日本企業、40億ドルでアフリカに発電所を建設

© Sputnik / Valeriy Melnikov
経済
短縮 URL
0 012
でフォローする

日本の貿易企業は一連のアフリカの国にいくつかの発電所を建設する意向。日経新聞によれば、プロジェクトの総額は40億ドルを超える可能性がある。

丸紅はナイジェリアに国の総エネルギー消費量の約15%を提供する約1.8 GWの火力発電を建設する計画。プロジェクトは1900億円と推定されている。

住友はモザンビークに約1.2 GWの発電所を建設する計画。また、三菱は仏トタルと合同でケニアの太陽光発電プロジェクトに取り組んでいる。三井は、石炭採掘と液化天然ガス(LNG)に関連したプロジェクトの分野での地位を強化していく。

日本のメディアによると、東京は3年間にわたり約15億ドルをアフリカ諸国に融資する予定。アフリカ開発銀行にも同額が拠出される約束。

先に伝えられたところによると、四国電力は1、伊方原発3号炉再稼働に成功した

関連:

チェルノブイリ原子力発電所元所長:ウクライナを崩壊が待つ
イランには新たな原発が10機必要
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント