23:38 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 13°C
    石油

    アナリスト OPECの原油生産制限合意の履行能力に疑問を抱く

    © Flickr/ Sergio Russo
    経済
    短縮 URL
    0 127310

    アナリストたちは原油価格が1バレル=60ドルまで値上がりすることに期待しているが、OPECの原油生産制限合意の履行能力に疑問を抱いている。29日、通信社ブルームバーグが報じた。

    SBI証券のシニアマーケットアナリスト、藤本誠之氏は、「OPECでの減産合意は意外だった。これまで1バレル40─50ドルで推移していた米原油先物価格は60ドル程度まで上昇する可能性があり、世界的に好材料として受け止められるのではないか。きょうの日本株にとっても石油関連株を中心に堅調な相場付きになりそう」だとの考えを示した。ロイター通信が報じた。

    専門家たちは、制限合意したものの市場の状況は不安定だと指摘している。J.P.モルガン・アセット・マネジメントの日本のグローバル・ マーケット・ストラテジスト、重見吉徳氏は、OPECが合意を最後まで履行するかを見届ける必要があるとの見方を示した。

    またソシエテ・ジェネラルのマイケル・ウィット ナー氏は、「市場からの供給量が減るという点ではなく、サウジアラビアが再び積極的な供給調整役に戻ることを示唆している点で極めて意義深い。市場から石油供給量がどの程度減るのかはまだ分からない。個人的には、産油国が一堂に会し決定を下したということがより重要だ」と指摘した。ロイター通信が報じた。

    原油の関連ニュースはこちら

    関連:

    丸紅会長 ロシア産原油輸入のさらなる拡大を期待
    2015年「サハリン2」プロジェクトで生産された石油の約45パーセントが日本へ届けられた
    タグ
    石油, OPEC
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント