16:57 2018年07月17日
原油価格、フィッチは1バレル60ドルまで徐々に推移と予測

原油価格、フィッチは1バレル60ドルまで徐々に推移と予測

© Sputnik /
経済
短縮 URL
104

国際格付け会社「フィッチ・レーティングス」は2019年までのブレント、WTI原油の価格推移について徐々に1バレル60ドルにまで値上がりするものの、2017年は両方とも値を下げる恐れがあるという予測を発表した。

イラク 原油減産の用意を表明
© REUTERS / Essam Al-Sudani
同社のリリースには「2019年は1バレル60ドルのレベルと予測する。これは原油価格を1バレル65ドルのレベルに回復させるにはさらに長い時間が必要との我々の確信を反映したものだ」と書かれている。だが両ブレンドとも平均価格は2017年1バレル45ドル、2018年で55ドルのレベルと予測されている。

日本時間21時44分の時点でブレント原油2月先物価格は2.52%ダウンの1バレル47ドル99セントに、WTI原油の1月先物価格も2.59%下落し、1バレル45ドル86セントとなっている。

原油の関連ニュースはこちら

関連:

メディア:産油量制限に関する交渉、決裂
露中央銀行:原油価格1バレル=25ドルまでの下落は大惨事ではない
タグ
経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント