10:05 2017年11月18日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    イラク、減産後の石油価格1バレル=60~70ドルと期待

    イラク、減産後の石油価格1バレル=60~70ドルと期待

    © AP Photo/ Nabil al-Jourani
    経済
    短縮 URL
    0 550 0 0

    イラク石油省はOPECの石油減産決定後には石油価格が1バレル=60ドルから70ドルになると期待している。同省のアセム・ジハド報道官がスプートニクに伝えた。

    OPECは11月30日の会合で、産油国が市場安定化策として石油を減産することで合意。イラクは加盟国だ。OPEC非加盟の産油国も決定に加わると見られており、ロシアは自国の準備をすでに表明した。

    「将来、価格が1バレル=60~70ドルになり、採択された決定が市場にすぐさま反映されることを期待している」とした上で、ジハド報道官は、全ての参加者が条件を満たせば、2017年上半期には合意の効果が現れる見込みだと指摘した。

    関連:

    トランプ氏、日本ソフトバンクが米に500億ドル投資と声明
    モスクワでOPECその他産油国の会議が開催される
    タグ
    石油, イラク
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント