22:39 2017年03月25日
東京+ 8°C
モスクワ+ 4°C
    EU当局 Facebook, Google 及び Twitterに罰金警告

    EU当局 Facebook、Google及びTwitterに罰金警告

    © Flickr/ Robert S. Donovan
    経済
    短縮 URL
    363295

    EU当局は、Facebook, Google 及びTwitterに対し、消費者の権利擁護に関するEUの法律に従いサービス業務を改善するよう、一カ月の猶予期間を与えた。もし各社が、そうした改善を行わない場合、彼らは罰金を支払わなければならなくなる。ロイター通信が、消息筋の情報を引用して伝えた。

    スプートニク日本

    EU当局は、法律に従っていない例として、ユーザーが、自分達が住んでいる国の裁判所に訴えを出せない事実を挙げている。現時点ではユーザーは、会社のオフィスアあるカリフォルニア州の裁判所に出かけなくてはならない。

    またEUは、こうしたソーシャルネットが、スポンサー・コンテンツをはっきりと示さず、契約取り消しのような権利を放棄するようユーザーに求めている点を違反行為として挙げている。それ以外に、EU当局は、ソーシャルネット側が、独自の裁量でサイトへの訪問者によって作成されたコンテンツの適合性を判断することについて、本来の権限を越えたものだと批判している。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      どうしたの?
      熱があるのかな?

      欧州人本来の思考になっている!!特にフランス辺りの思考じゃない?

      1) ユーザーが、自分達が住んでいる国の裁判所に訴えを出せない事実を挙げている。現時点ではユーザーは、会社のオフィスアあるカリフォルニア州の裁判所に出かけなくてはならない。

      2)ソーシャルネットが、スポンサー・コンテンツをはっきりと示さず、契約取り消しのような権利を放棄するようユーザーに求めている

      3)ソーシャルネット側が、独自の裁量でサイトへの訪問者によって作成されたコンテンツの適合性を判断することについて、本来の権限を越えたものだと
    • lazytruth
      >> EU当局は、ソーシャルネット側が、独自の裁量でサイトへの訪問者によって作成されたコンテンツの適合性を判断することについて、本来の権限を越えたものだと批判している。

      「表現の自由」は最大限保護されるべきだと考えますが「フェイクニュース」の類は規制すべき、っというよりも規制されて当然だと考えます。自分の主義主張をや感情を表現するためなら、何をやっても許されるのが「自由」だとは、私は考えません。「自由」って一定の制約があると思うんですよ。日本ではその制約を「公共の福祉に反しない限り(provided that it does not conflict with the public welfare)」と定めています。「公共の福祉」は、なかなか理解するのが難しい概念ですが、私が大学時代に受けた授業では「大多数の人が迷惑(もしくは不愉快)だと感じないこと」と習いました。

      さて、本件、問題なのは、「表現の自由」に係る制限は「誰ができるのか」だということですよね。「自由」だからといって無制限・無秩序に許される訳ではないので、当然に制限がかかる。だとしても誰でも勝手に制限をかけることは、これまた許されないわけで……。難しいですよね。
      現在、ソーシャルメディアやGoogleが行っている・行おうとしている規制は、自分達に降り掛かる火の粉を振り払うことを目的にした「自己規制」だと考えます。ソーシャルメディアって現在においては立派な「マスメディア」で、これって既存・従来のマスコミと同等な力を持っているわけで、マスコミたる機能を有したソーシャルメディアが自己規制することが正しいのか? と考えてしまうんですよね。そういう視点で考えると、今回のEUの批判も一定の理解が出来ると考えます。

      では、国家、若しくは国家に類する組織が制限することはどうかというと、まぁ、シンガポールやベネズエラのような規制はどうなのかなって思いますしね。自由と制限のせめぎ合いは、制限によって得られるものと、自由によって得られるもの、そのどちらを重要視するかだと思うんですよね。そして、その重要視の判断を誰がするのかによって結論が変わると。国家が判断するのであればシンガポールやベネズエラの例になるし、国民感情に委ねれば韓国みたいになるし、裁判所が判断の主体であるのなら多くの民主主義国家の例になる。結局、それぞれの国の国体によるのかなって考えます。……う~ん、結論が出せませんね。難しい問題です。
      自分なりにもう少し考えてみたいと思います。
    • avatar
      HopeRJ
      YouTube (Google) の削除促進化は、確かに酷い!

      3社ともアメリカ。TPPの初歩的みたいな物=法的有利の先取り戦略。
      規約を判りずらく詳細にして→OK(認めさせる)をクリックして≒貴方は自分で認めて使用したのでしょう!? → 問題があり..訴えが出れば→ 相手の *出方によってetc..色々変える ≒米国の 裁判 &弁護士。

      インター+ネットは=外国 = 世界と同じ=多国籍 社会 (サイト&アプリ=企業の国法律)
      法治国家 対でドンドン裁判? して頂いて→ 改良されてけばユーザーも使い易くなるのは有難い!
    新しいコメントを読む (0)