10:17 2018年06月22日
国際石油価格 矛盾する統計発表に一様ではない動き

国際石油価格 矛盾する統計発表に一様ではない動き

© Fotolia / marrakeshh
経済
短縮 URL
0 11

国際石油価格は米ベーカーヒューズ社および国際エネルギー機関の発表を背景に一様ではない値動きを見せている。

スプートニク日本

日本時間14時20分の時点でブレント原油は0.02%値上がりし、1バレル55ドル64セントに、WTI原油は0.41%値下がりし、1バレル52ドル89セントの値をつけている。

ベーカーヒューズが13日の週末の発表では、米国内の稼動リグ数は8台増加。国際エネルギー機関は13日、3月国際市場の石油供給日量は月平均で75万7千バレル減少し、9598万バレルとなったことを明らかにした。同機関はこれについてOPECおよび他の産油国の採掘制限合意によるものと説明している。

 

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント