07:55 2019年11月15日
ノーベル経済学賞受賞者でイェール大学教授のロバート・シラー氏

ビットコインはバブルか? ノーベル経済学賞受賞者の見解

© AFP 2019/ BRENDAN SMIALOWSKI
経済
短縮 URL
124
でフォローする

ノーベル経済学賞受賞者でイェール大学教授のロバート・シラー氏は「クォーツ」紙からのインタビューに、ビットコインは金融ピラミッドを示す好例との見解を表した。

スプートニク日本

シラー氏はバブルを解明した本『投機バブル・根拠なき熱狂』の著者としてで世界的に有名。

同紙によると、投機的なバブルの最も好例として何を挙げるかとの問いにシラー氏は「今現在、その最もいい例がビットコイン。だがこれはビットコイン側のモチベーションに関係したものだと思う」と答えている。

シラー氏はビットコインのテーマは今、一番の関心を惹いているものの、その吸引力はこれを作ったとされるサトシ・ナカモト氏に起因していると思うと語っている。

彼(ナカモト氏)は結局見つけられていない。これは素晴らしい謎だ。彼のこの暗号化、ブロックチェーン、オープンリストといった賢いアイデアは非常に強力な効果を発揮し、政府でさえこれを止めることはできない。」シラー氏はこう評している。

関連記事

組織犯罪急増の原因はビットコイン オーストラリア当局

タグ
経済, ビットコイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント