21:47 2018年07月18日
仮想通貨

スイスで偽の暗号通貨発覚

© Fotolia / Merlin74
経済
短縮 URL
0 10

スイスで1年以上にわたり、偽の暗号通貨「E-Coins」を流通させていた企業「Quid pro quo」が活動停止処分を受けた。スイス金融市場監査局(FINMA)の声明によると、同社はこの期間中に数百人の顧客からおよそ420万ドルを集めたという。ロイター通信が伝えた。

スプートニク日本

FINMAによると、同社の活動は銀行による預金の受入れに類似しているが、同社は金融市場でビジネスを行う許可を得ていないため、この活動は違法なものである。「E-Coins」は分散型ネットワーク技術「ブロックチェーン」を用いず、自社のサーバーに保管されるため「本物の暗号通貨」とは異なる。

利用者が「E-Coins」に投資した資金のうち、およそ210万ドルがFINMAによって差し押さえられた。

この他にも、偽の電子マネー流通の可能性に関連して11の事件が捜査中である。

先の報道では、トルコで暗号通貨が原因で初の殺人事件が発生した

タグ
ビットコイン, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント