14:22 2017年12月13日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    国際原油価格 API在庫統計を受け下落

    国際原油価格 API在庫統計を受け下落

    CC BY 2.0 / Justin Vidamo / The Burning of the Sky
    経済
    短縮 URL
    0 0 0

    国際原油価格は6日午前、米国石油協会(API)が発表した統計で、ガソリン在庫とディスティレート(留出油)在庫が増加したことを受け、売り傾向となっている。

    スプートニク日本

    日本時間14時33分時点のブレント原油2月先物価格は0.4%下がり1バレル62ドル61セントに、WTI原油先物価格も0.42%値下がりして57ドル38セントの値を付けている。

    APIの統計によると、米国における12月1日までの1週間のガソリン在庫は920万バレル増加し、専門家の増加予測110万バレルを遥かに上回った。またディスティレート在庫も、アナリストの54万8千バレル増加予測に対し、430万バレル増となった。

    原油関連のニュースはこちら

    タグ
    金融, 経済, 石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント