11:25 2018年12月19日
国際原油価格は年内最後の取引日で上昇中。米エネルギー省が発表した週間在庫統計減少が好感されている。

国際原油価格が値上がり 米国内備蓄減を反映

CC BY 2.0 / Justin Vidamo / The Burning of the Sky
経済
短縮 URL
0 0 0

国際原油価格は年内最後の取引日で上昇中。米エネルギー省が発表した週間在庫統計の減少が好感されている。

スプートニク日本

日本時間13時19分時点のブレント原油3月先物価格は0.6%上がり1バレル66ドル56セント、WTI原油2月先物価格も0.67%値上がりして60ドル24セントの値を付けている。

28日、米エネルギー省は12月22日までの週間国内在庫を発表。商業用在庫は前週比460万バレル減の4億3190万バレルとなった。アナリストの事前予想では、397万バレル減の4億3253万バレルと減少幅は小さくなるとされていた。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント