04:02 2020年08月16日
経済
短縮 URL
112
でフォローする

世界の原油価格は1日、米エネルギー省が国内での在庫増加を発表したにもかかわらず、石油輸出国機構(OPEC)やロシアなどによる減産合意の実行に関してトレーダーらが楽観視していることを背景に値上がりしている。

スプートニク日本

日本時間14時15分現在、ブレント原油4月先物価格は0.19%値上がりし1バレル69ドル02セント、WTI原油3月先物価格も0.15%上昇し1バレル64ドル83セントの値をつけている。

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント