18:49 2018年07月17日
原油価格、米掘削リグ稼働数の増加を背景に下落

原油価格、米掘削リグ稼働数の増加を背景に下落

CC0 / Pixabay
経済
短縮 URL
0 10

14日、世界の原油価格が米国の掘削リグ稼働数の増加や、米国の対イラン制裁再開を背景にロシアやOPEC諸国の生産水準が「緩やかに」上昇するとの予測を受けて下落を続けている。

スプートニク日本

日本時間13時53分の時点で北海ブレント原油先物7月限の価格は0.53%安の1バレル=76.71ドルまで下落、WTI原油先物6月限の価格は0.35%安の1バレル=70.45ドルまで値下がりした。

原油関連のニュースはこちらです

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント