05:11 2018年07月19日
原油価格、OPEC+の採掘拡大のあり得る規模についての報道で下落

原油価格、OPEC+の採掘拡大のあり得る規模についての報道で下落

© AP Photo / Fernando Llano
経済
短縮 URL
0 10

世界の原油価格は19日、値下がりし、投資家らはOPEC+の合意参加者らのコメントと、合意の枠内での採掘増強のあり得る規模についての報道の評価を行っている。

スプートニク日本

日本時間14時29分時点でのブレント原油8月先物価格は0.64%値下がりし1バレル74ドル86セント、WTI原油8月先物価格は0.62%下落し1バレル65ドル28セントの値をつけている。

エクアドルのペレス炭化水素相は18日、OPEC+諸国がウィーンでの会合で、合意修正のいくつかの案を議論すると明らかにした。これには、原油採掘量を1昼夜あたり150万バレルに拡大する案も含まれているという。

関連ニュース

原油関連のニュースはこちら

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント