10:56 2018年10月24日
石油

原油、米の対イラン制裁再開を背景に値上がり

© AP Photo / Fernando Llano
経済
短縮 URL
0 0 0

世界の原油価格は7日、僅かに上昇している。投資家らは、米国による対イラン制裁の第1パッケージ再開に反応している。

スプートニク日本

日本時間13時39分の時点で、ブレント原油10月先物価格は0.3%値上がりし1バレル73ドル97セント、WTI原油9月先物価格は0.07%上昇し1バレル69ドル06セントの値をつけている。

制裁の第1部は、6~7日にかけての真夜中に再開され、直ちに完全な形で発効した。イランのエネルギー部門と原油を伴う取り引きを対象とした制裁を含む第2パッケージは、11月5日に実現される。

トランプ米大統領は5月、核計画に関するイランとの合意から米政府が離脱し、イランとビジネスを行う他国に対するものを含めた対イラン制裁を米政府が全て再開させると発表していた。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント