23:49 2018年12月11日
石油

国際原油価格は下落 前日の急上昇後の修正で

© AFP 2018 / Karen Bleier
経済
短縮 URL
0 10

国際原油価格は23日、前日に発表の、先週1週間の米国内備蓄量の急減に反応した上昇後、修正的な値下がりに転じている。

スプートニク日本

日本時間14時24分の時点でブレント原油10月先物価格は0.27%安の1バレル74ドル58セントに、WTI原油10月先物価格の方は値動きはせず、依然として1バレル67ドル86セントを維持している。

深夜時の取引ではブレント原油は1バレル75ドルの指標を突破し、WTI原油も68ドル14セントにまで達していた。

米エネルギー省の発表した、8月17日までの国内原油備蓄は580万バレル(1.4%)増の4億0840万バレルにまで達した。この数値はアナリストらの150万バレル増の予測を大幅に上回った。

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント