14:39 2018年10月20日
石油

国際原油価格が下落 週明けの急騰から一転

© AP Photo/ Charlie Riedel
経済
短縮 URL
0 30

国際原油価格は26日、OPEC主要国の増産なしの発表を背景に週明けから始まり、一時2014年以来の最高値にまで達した値上がりから一転して下落している。

スプートニク日本

日本時間13時43分の時点でブレント原油12月先物価格は0.12%安の1バレル81ドル16セントに、WTI原油11月先物価格も0.19%安の1バレル72ドル14セントの値を付けた。

原油価格は週明けの月曜、OPECプラスモニタリング委員会の閣僚会合の結果に投資家らが反応したため、2014年11月以来の最高値を記録していた。

米国のブライアン・フック・イラン担当特別代表が、米国はイランへの石油制裁を発動の前に、価格上昇が引き起こされないようにするため、市場に十分な量の原油があることを確認するとする声明を表したことを受け、26日の国際原油市場では価格修正が行われている。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント