19:33 2018年10月18日
石油

原油価格、米国の対イラン制裁による原油供給への懸念を受けて上昇

© AP Photo/ Charlie Riedel
経済
短縮 URL
0 03

世界の原油価格は1日、11月の米国の対イラン制裁発効後に発生しうる市場の原油不足への懸念や、米国の石油掘削リグ稼働数の減少を背景に、緩やかに上昇している。

スプートニク日本

日本時間13時44分の時点で、北海ブレント原油先物12月限の価格は0.53%高の1バレル=83.18ドルまで値上がりし、WTI原油先物11月限の価格は0.38%高の1バレル=73.53ドルまで上昇した。28日、ブレント原油は1.7%高の1バレル=82.73ドルまで上昇、WTI原油は1.6%高の1バレル=73.25ドルまで値上がりし、7月10日以来の高値を付けた。

11月に予定されている米国の対イラン制裁の発効が、引き続き原油価格の上昇に影響を与えている。米国は5月、イランの核開発に関する合意から離脱、対イラン制裁を再開しており、エネルギー部門に対する制裁は11月上旬に発効する。米国は、イランからの原油輸出をゼロにするのが目標だと発表した。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント