07:32 2018年10月21日
石油

原油価格、4年ぶりの高値を付けた後、下落

© Sputnik /
経済
短縮 URL
110

世界の原油価格は4日、前日2014年11月以来の高値を付けた後、調整局面に入った。

スプートニク日本

日本時間14時10分の時点で、北海ブレント原油先物12月限の価格は0.2%安の1バレル=86.12ドルまで値下がりし、WTI原油先物11月限の価格は0.24%安の1バレル=76.24ドルまで下落した。

3日、原油価格は2%上昇し2014年11月初旬以来の高値を付け、その後、市場は調整に入った。

アナリストらは価格の揺れ動きについて、11月上旬に予定されているイランのエネルギー部門に対する米国の制裁発効に関連した市場の原油不足への懸念が続いていることと関係しているとの見方を示している。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント