06:23 2019年03月26日
世界銀行

世銀、2019年原油価格見通しを下方修正 1バレル=67ドル

© AFP 2018 / Brendan Smialowski
経済
短縮 URL
0 11

世界銀行は8日、報告書「世界経済見通し(GEP)」1月版の中で、2019年の平均原油価格を1バレル=67米ドルと修正し、世界景気の後退に伴う原油安を予測した。

スプートニク日本

報告書は「2019~2020年の平均原油価格は1バレル=67ドルと予測され、(2018年)6月時点から2ポイント下方修正した。一方、不確実要素は多い」としている。

予測対象となっているのはブレント原油、ドバイ原油、WTI原油。世銀はGEP2018年6月版の中で、2019年の平均原油価格は1バレル=69ドルとの予測を立てていた。

世銀はまた「2019年の原油需要について、引き続き堅調な伸びが予測される」との考えを示し、原油価格は今後3年に渡って1バレル=67ドル周辺を推移すると予測している。

原油価格関連のニュースはこちら

タグ
経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント