01:02 2019年02月24日
ルノー

フランス、ルノーと日産統合要求ー報道

© AP Photo / Jacques Brinon
経済
短縮 URL
2213

フランス政府が日本政府に自動車大手ルノーと日産自動車の経営統合を要求したことが明らかになった。共同通信が報じた。

スプートニク日本

報道によれば、フランス政府代表として訪日したルノーのマルタン・ビアル取締役や、ルメール経済・財務相の側近らが経済産業省に伝達した。

ゴーン被告と「右腕」である前代表取締役のグレッグ・ケリー被告は昨年12月19日、有価証券報告書への報酬の過小記載の疑いで逮捕された。ゴーン被告は同月21日、特別背任などの罪で再逮捕された。18億5千万円の評価損が発生した個人的な為替取引の権利を日産に付け替えたほか、実業家に日産の子会社から約13億円を不正に送金していた疑いが持たれている。

今月11日には東京地検特捜部が特別背任と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で追起訴。弁護士が同日、保釈を請求していた。

昨年12月13日、ルノーの取締役会はゴーン被告の留任を決めていたものの、近く会長兼最高経営責任者(CEO)の職を解く予定という。

関連ニュース

ルノー、ゴーン容疑者ら幹部の調査結果発表「不正なし」

タグ
日本, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント