09:19 2020年06月04日
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

世界の原油価格は14日、供給過剰懸念の後退を背景に上昇している。

スプートニク日本

日本時間14時00分の時点で、北海ブレント原油先物5月限の価格は0.38%高の1バレル=67.81ドル。

WTI原油先物4月限の価格は0.26%高の1バレル=58.41ドル。

14日、複数の要素が原油価格を支えている。13日に米エネルギー省が公表したデータによると、米国内の商用原油在庫は1週間で390万バレル減少した。専門家らは290万バレル増と予想していた。

またベネズエラ情勢も市場の注目を集め続けている。同国では3月7日に同国最大の水力発電所が停止し、エネルギーの崩壊が発生した。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント