15:31 2019年11月13日
石油(アーカイブ写真)

原油価格、上昇続く 供給過剰懸念緩和で

CC0 / PIxabay
経済
短縮 URL
0 02
でフォローする

世界の原油価格は3日、供給過剰懸念の緩和を助ける石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」の減産を背景に、4セッション連続で上昇している。

スプートニク日本

日本時間14時08分の時点で、北海ブレント原油先物6月限の価格は0.55%高の1バレル=69.75ドル。

WTI原油先物5月限の価格は0.4%高の1バレル=62.83ドル。

市場は、2018年末の減産合意の枠内で続けられているOPECプラスの減産に楽観的な反応を示している。

アナリストらは、3月のOPEC諸国の生産は4年ぶりの最低水準に達したとの見方を示している。ロイター通信が報じた。

関連ニュース

ビットコイン、引き続き上昇 昨年11月以来の5000ドル突破

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント