20:52 2019年07月21日

仮想通貨交換所「BITPoint」にハッキング 大規模な不正流出

© Depositphotos / Melpomene
経済
短縮 URL
0 11

ビットポイントジャパン運営の仮想通貨交換所「BITPoint」が大量の不正な流出が判明したため、サービスを一時停止したことを明らかにした。同社の発表では流出額は概算で35億円にのぼる。

「BITPoint」は不正流出が明らかになったことから、損失を最小限度に抑えるため、原因が解明され、流出量が明らかになるまでの間は口座の開設を含む、すべてのサービスの停止を発表した。詳細は明らかになり次第、公表される。

現段階の概算では損失額はおよそ35億円でそのうち約25億円が顧客による資金。BITPointは流出の責任をとり、ユーザーの損失補填を行う構えを明らかにしている。

BITPointの親会社「リミックス・ポイント」の発表によれば、不正リ流出が起きたのはホットウォレットでコールドウォレットで管理されている仮想通貨などには被害は出ていない。ホットウォレットで管理されている仮想通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5銘柄。

BITPointへのハッキングは11日から12日にかけての深夜に発生。現在、流出の原因と損失規模について究明作業が行われている。

関連ニュース

FBの「Libra」リリース発表でビットコイン急上昇1万2800ドルに 仮想通貨市場に革命か?

タグ
ビットコイン, 仮想通貨・暗号通貨
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント