23:09 2019年11月17日

原油価格が下落 原料の需要に対する懸念から

© AP Photo / Vahid Salemi
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

24日、世界の原油価格は下落し、トレーダーは、統計が弱々しさを示した後に世界経済の成長への懸念による需要リスクに再度の注意を向け始めた。

日本時間14時36分の段階で、北海ブレント原油先物11月限の価格は0.46%安の1バレル64ドル47セントに、WTI原油先物11月限の価値も0.39%安の1バレル58ドル41セントとなった。

事前の評価では、欧州圏の産業分野の事業活動の9月の指数は7年ぶりに低水準に達していた。24日、日本の指数は2016年6月以降もっとも少ない下落となり、8月の49.3ポイントから48.9ポイントに低下したことが明らかとなった。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント