00:19 2019年11月22日
原油価格 米国内の原料ストックデータの予想から若干変動

原油価格 米国内の原料ストックデータの予想から若干変動

© REUTERS / Raheb Homavandi
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

5日午前、世界の原油価格は多方面に若干の変動を見せている。同時に投資家らは米国内の原料ストックに関する次回報告を待っている。

日本時間14時15分の段階で北海ブレンド原油先物1月限の価格は0.05%高の1バレル=62ドル16セントに、WTI原油先物12月限の価格は0.04%安の1バレル=56ドル52セントとなっている。

投資家らは米国内の原油ストックに関する毎週のデータ発表を待っている。5日深夜に米国石油協会(API)の統計が発表される予定で、6日夜には米国エネルギー省の公式データが公表される。アナリストらは、11月1日までの1週間で270万バレルのストック増加を予想している。

タグ
経済, OPEC, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント