09:23 2019年12月12日
石油(アーカイブ写真)

原油価格、3日連続で下落 世界需要に懸念

© CC0 / PIxabay
経済
短縮 URL
0 10
でフォローする

原油価格は29日、3日連続で下落している。貿易摩擦が強まり原油需要に影響が及ぶとの懸念が高まっている。

日本時間13時48分の時点で、北海ブレント原油先物2月限の価格は0.46%安の1バレル=62.98ドル。

WTI原油先物1月限の価格は0.22%安の1バレル=57.98ドル。

世界の投資家は、香港に関する米国の新たな法律により、貿易をめぐる米中間の緊張が高まることを懸念している。これは世界経済全体と原油需要に悪影響を与える可能性がある。

同時にトレーダーは、来週開催の石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国で構成するOPECプラス会合に注目している。報道によると、OPECプラスは12月の会合で2020年3月末に期限を迎える協調減産について6月まで延長する可能性がある。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント