20:38 2020年07月05日
経済
短縮 URL
101
でフォローする

6日、北海ブレントの原油価格が70ドルを超え、取引過程で1バレルあたり70.73ドルに達した。

原油価格は、バクダットでのイラン革命防衛隊のガーセム・ソレイマーニー司令官殺害による米国とイランの新たな関係悪化を背景に、3日から急激な高騰をはじめた。

原油価格はイランの報復が予想されるなかで高騰している。投資家らは、イラン政府によるホルムズ海峡の閉鎖、ペルシャ湾から原油供給が困難になること、また、サウジアラビアの原油施設への攻撃などを懸念している。

前回、北海ブレント原油の価格が1バレル70ドル台となったのは2019年4月だった。

タグ
経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント