10:58 2020年09月28日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

コロナウイルス蔓延が経済活動、ひいては原料需要に悪影響を及ぼすとの懸念から、国際原油価格は6日連続で下落を見せている。取引データで明らかになった。

日本時間13時30分、北海ブレント原油先物4月限は0.41%安の1バレル=58.34ドル、WTI原油先物3月限は0.28%安の1バレル=52.99ドルまで値を下げた。

投資家は依然として、中国国外で新型コロナウイルスが急速に蔓延していることに注目している。中国国家保健委員会の最新情報によると、新型コロナウイルスによる国内の肺炎患者は4515人に達し、そのうち106人が死亡したという。石油市場の投資家は、コロナウイルスに関連する空輸の減少リスク、中国その他諸国のGDP成長の停滞が石油・石油製品の需要を圧迫するのではないかと懸念している。

関連ニュース

新型肺炎 中国武漢から邦人チャーター機第1便 今夜出発

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント