04:25 2021年05月15日
経済
短縮 URL
0 05
でフォローする

東京株式市場では15日、日経平均株価は先週末に比べて560円余り値上がりし、終値でも3万円を超えた。1990年8月以来、30年6カ月ぶりの高値となった。NHKが伝えている。

週明けの15日、東京株式市場では取引開始直後から買い注文が殺到。昨年第4四半期のGDPの伸び率が市場の予想を上回ったことが背景となった。

午前9時20分過ぎには日経平均株価は先週末の終値に比べて400円以上値上がりし、3万円台に乗った。最終的に先週末より564円8銭高い30084円15銭で本日の取引を終えた。

3万円台の終値はいわゆる「バブル景気」の1990年8月以来で、30年6カ月ぶりとなる

タグ
金融, 経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント