17:19 2021年04月15日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

金の価格は8日の朝、ドルが下落する中、若干上昇している。取引データで明らかになった。

日本時間14時47分現在、ニューヨーク商品取引所における金の6月先物価格は、1トロイオンスあたり3.3ドル(0.19%増)上昇し、1745.05ドル(約19万1300円)となった。また、5月の銀先物は0.72%増の25.43ドル(約2790円)。

金相場は8日、前日にわずかに下落した後再び上昇した。金価格の上昇を促した主な要因は、ドルレートの低下。ドル安になれば、他の通貨で金を購入しやすくなる。

また、一部の専門家は、株式市場の興奮が収まれば、金が人気を取り戻す可能性は否定できないと指摘している。

関連記事

タグ
経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント