05:20 2020年08月16日
新型コロナウイルス
短縮 URL
101
でフォローする

世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスのワクチン完成の可能性を慎重ながらも楽観視している。WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長が、スイスのジュネーブ本部で行われた外国特派員協会のブリーフィングで述べた。

テドロス事務局長は「ご存知の通り、現在のところ新型コロナウイルスのワクチンはない。そこで問題なのは、ワクチンはそもそも完成するのかということだ。もちろん我々は楽観視する必要があるが、慎重でなければならない。なぜなら初のコロナワクチンとなるからだ」と述べた。

同事務局長によると、専門家たちは今、ワクチンが完成した場合、全ての国に提供できるほど十分な量を製造できるのかどうかを懸念しているという。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント