01:19 2020年09月22日
新型コロナウイルス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (29)
0 32
でフォローする

ロシア国立ガマレヤ疫学・微生物学研究センターが開発した新型コロナウイルスワクチンの第1号ロットが完成した。ロシア保健省が発表した。

世界初のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチンは「スプートニクV」と名付けられた。筋肉内注射で投与する。

WHO、ロシアで開発された新型コロナワクチンの安全性の保証を待つ
© Sputnik / Gamaleya Research Institute of Epidemiology and Microbiology
予防接種は3週間の間隔をあけて2段階で行われる予定。保健省では、この方法により最大2年の免疫確保が可能になると説明している。

ワクチン開発に支援を行ったロシア直接投資基金のキリル・ドミトリエフ総裁は、基金には20か国以上からワクチン計10億回分の購入申請が届いていることを明かした。

ロシアは現在、5か国のパートナーと合意を結んでおり、年間計5億回分の生産能力を確保している。

関連ニュース

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (29)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント