02:21 2021年09月23日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

COVID-19の感染後の経過に喫煙がどう作用しうるかについて、セチェノフ記念モスクワ国立第1医科大学のアンドレイ・デミン教授にスプートニクが取材した。

デミン教授によれば、人体組織に生まれつき備わっている一種の「蓄え」を喫煙が奪ってしまう。そうした「蓄え」の中でも一番大きな打撃を受けるのは呼吸器系。

このためデミン教授は喫煙習慣を止め、身体がコロナウイルスに抵抗しようとする行為を妨げないよう進言している。

「喫煙習慣を捨てるのに医師らに力添えを頼んだらよいのです。自分の身体の蓄えは増やすことのできるもので、喫煙の悪癖を止めた場合、免疫システムを強化し、コロナウイルスをはじめ、多くの病からご自身を守ることができます。」

先日、英国人医師らはビタミンD不足がコロナ感染の重症化の引き金になることを発見した。

ロシア人医師らの研究で、重症化を左右する要因に血液型も関係していることが明らかにされている。

タグ
新型コロナウイルス, 喫煙, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント