05:22 2021年09月19日
災害・事故・事件
短縮 URL
1130
でフォローする

医師を本業とするウルグアイのタバレ・バスケス大統領がパリへ向かう飛行機の機内で17歳のフランス女性の命を救った。エル・パイスが伝えた。

アレルギー反応が起き、重度の呼吸困難に陥った女性に対し、大統領とその主治医が救命措置を行なった。

注射で女性は正気に返り、目的地へ無事到着した。大統領の措置なくしては、同機は救急医療のためにブラジルに非常着陸せねばならないところだった。

タグ
ウルグアイ, フランス, 事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント